Wi-Fi環境がなくても使用できる日本初のスマートロック

LTE-M通信機能を搭載し、Wi-Fi環境がなくても使用できるスマートロックの開発が行われました。

日本初です。

このスマートロックは、12月12日から始まっている「AI・スマート住宅EXPO(東京ビッグサイト)」「17-36」ブースで展示されています。

製品としてはm、2019年2月に発売予定。

特に消費電力の問題があったそうですが、その点もクリアし、アルカリ単三乾電池4本で、最長2年間持つそうです。

販売価格はわかりませんが、安くなれば需要が伸びますね。

スマホだけで鍵の開閉錠ができる日は、それほど遠くではないようです。